読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいおうちごはんと気ままなブログ

あとはダイエットしか無いですね - in Firtree

お風呂の排水口、ゴシゴシしなくても簡単に汚れが落ちた

わたしにとっては、目からウロコが落ちたような事件でした。10分かけていた排水口の掃除がたったの2分間でできるようになったのです。

お風呂の排水口(ヘアキャッチャー)の掃除

とくに気温が高い季節には数日でヌメリが発生しすぐに汚れがついてしまうんですよね。ましてやヘアキャッチャーの部分は細かい角がたくさんあるので、汚れ取りは地味に手間がかかります。

汗をかいてしまうので普段はシャワーや入浴のついでに10分ほどかけ小さなブラシを使ってゴシゴシ掃除しているのですが、その日はお風呂からあがる直前になって排水口の汚れに気がついてしまったのです。

とりあえずシュッシュッとお風呂洗剤をかけて、カラダを拭き終わってから掃除をすることに。いつものようにブラシをあてたところ・・

排水口の汚れやヌメリを簡単に落とす方法

数日前にゴシゴシと磨いたばかりなのに、キャッチャーした髪を捨てようと排水口カバーを開けたらすでに汚れがついていました。「もう付いちゃったのか・・」

f:id:alkanetwhite:20160909120823j:image

とりあえずお風呂洗剤をシュッシュッと吹き付けておいて、髪やカラダを拭くことにしました。

f:id:alkanetwhite:20160909120832j:image

いつもの掃除グッズはこんな感じです。お風呂洗剤と必要であればカビ取り洗剤。ブラシたちにメラミンスポンジなど。

f:id:alkanetwhite:20160909120842j:image

カラダを拭き終わると5分ほど経過していました。「さて、ゴシゴシしよっかな・・」

掃除前の(左)汚れがお見苦しくてごめんなさい。こんな感じで汚れていたのです。小さなブラシを使う前に、まずブルー色の大きめブラシでざっくりと汚れを落とします。

f:id:alkanetwhite:20160909120859j:image

普段の掃除では、ブルー色のブラシだけでは小さな角の部分(矢印)に汚れが残ってしまいがちでした。そこで次に小さなブラシたちを駆使してコツコツと磨きはじめるのですが、

f:id:alkanetwhite:20160909120909j:image

ところが今日はブルー色の大きめブラシを刷毛でペンキを塗るように枠に沿って動かしただけで、汚れがスルっと取れてしまいました。穴の中さえも。すごい!びっくりです。

汗をかきかきお風呂洗剤を吹き付けながら掃除していたあの10分間はいったいなんだったんでしょう。お風呂洗剤を吹き付けてほんの5分待つだけで、掃除時間が2分に短縮です。

掃除のコツやポイント

ちなみに、軽い汚れの時に、お風呂洗剤を使わずに掃除した時があったのですが、すぐにヌメリや汚れがついてしまいました。

軽く掃除しておこうという時でも、お風呂用の洗剤を使っておけば、ヌメリ汚れの防止になりますので、毎回使うすることをおすすめします。

白とブルー色の2WAYブラシは、うろ覚えなのですが100円ショップ(セリア)で購入したかもしれません。床や壁は白色ブラシのままで使い、壁の角や排水口ヘアキャッチャー部分、ドアの溝などはスリムで硬めのブルー色ブラシを白色ブラシから抜いて使っています。便利です。

よく似たお風呂掃除用ブラシを見つけました。床タイルの広い場所、風呂蓋などの隙間や溝、ヘラはこびり付いたガンコな汚れ落としにいいですね。

アイワ タイルブラシ123 GR

アイワ タイルブラシ123 GR

  • 出版社/メーカー: アイワ
 

カビの発生を防ぎ、汚れをこすらず落とすお風呂洗剤。

嬉しい発見でした

わたしの目からはウロコが、排水口からは汚れが、気持ちよく落ちた発見でした。汗かく暑い日も、震える寒い日も、お風呂掃除はなるべくサッと手早くキレイに済ませたいと思っていましたが、これで解決です。