美味しいおうちごはんと気ままなブログ

あとはダイエットしか無いですね - in Firtree

とろり 温泉たまごの作り方(電子レンジで簡単温玉)

電子レンジで卵を爆発させたことがあります。もうそれはそれは掃除がたいへんでした。しかも、電子レンジを磨き掃除した数分後だったのです。飛び散ってこびりついた黄身はガンコでした。でもそれはもう過去の話です。学習しました。

f:id:alkanetwhite:20160909153555j:image

とろり 温泉たまごの作り方(簡単レシピ)

半熟とろとろ温泉たまごは黄身の甘みを感じられて好きです。蕎麦やうどんのトッピングに、サラダやトーストに乗せるのも好きですし、牛丼や塩ラーメンの中に落としてほぐしながら食べるのも美味しいですよね。

もちろんそのままつるんと食べるのも美味しい食べ方です。大好きです。

材料

  • 卵・・・1個
  • めんつゆ・・・適量お好みで

作り方

  1. 大きめマグカップに卵を割り落とします。
  2. 卵が浸るくらいの水を入れます。
  3. 楊枝を刺して黄身に穴を開けます。
  4. 電子レンジ600w 1分10秒 加熱します。
  5. 温玉のできあがりです。

f:id:alkanetwhite:20160909153544j:image

今回はお湯が入ったままのマグカップにめんつゆをかけていただきます。

創味 つゆ 1L

創味 つゆ 1L

  • 出版社/メーカー: 創味食品
 

おなじみ「創味 つゆ」にしました。鰹の旨みたっぷりのまろやかな風味はいろいろな料理に活躍する定番つゆですね。

ポーチドエッグのように白身もほどよい具合に固まってプルプルです。

f:id:alkanetwhite:20160909153614j:image

スプーンで白身をぷりっと割ると黄身がとろりと流れました。めんつゆとのコラボが最高です。

f:id:alkanetwhite:20160909153555j:plain

作り方のコツとポイントのメモ

爆発させずにとろり感を出す。

  • スープマグまたは大きめマグカップを使う
  • 黄身に穴を開けるのを忘れない
  • 卵が浸るまで水を入れる
  • 加熱し過ぎない

ラップいらずで簡単です。料理の合間に電子レンジに入れるだけ。とろり感のお好みに合わせて加熱時間を数秒づつたして硬さを調整するとよいです。

・とろり具合の目安として

今回は写真の右側にある直径12㎝のスープマグを使っています。卵と水が入った高さでは直径9~10㎝ほどでしたので、直径9~12㎝あたりの大きさのカップで作ることをおすすめします。

f:id:alkanetwhite:20160909232316j:plain

左側のふつうサイズのマグカップでは、同じ作り方でも水量が少なく卵に熱が伝わりやすいため、黄身が半分ほど固まる硬さになります。

プルプルつるんと

温泉たまごの白身のプルプルつるんとした口あたりに、黄身の甘みをそっと包み込むくらいの柔らかい舌ざわりが絶妙だと思っています。

出汁つゆをかけてそのまま卵の風味をいただく。

素朴な美味しさが良いですね。