読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいおうちごはんと気ままなブログ

あとはダイエットしか無いですね - in Firtree

オーブンレンジの掃除。ガンコな汚れがやっと落ちました(マイクロファイバーと電子レンジ掃除)

スチームオーブンレンジを使おうとドアを開けると、なにかの美味しいエキスが飛び散った痕跡があちらやこちらに。とり急ぎ、目の前にあったダスターでキュッキュと拭いたのですが、違和感が。あれ?取れない。 

f:id:alkanetwhite:20161011183928j:image

*写真は廃れ感を出してみました。実際のスチームオーブンレンジは購入して2〜3年経ちますが、まだなんとかキレイでいます。ちなみにこちらのビストロです↓優れ者です。

オーブンレンジ(電子レンジ)掃除のことなど

料理が上手ではないですので、奮発して買ったスチームオーブンレンジ。それはそれは大切に使っていまして、使用後は毎回必ずサッとひと拭き、定期的にレンジクリーナーとメラミンスポンジにマイクロファイバークロスを駆使して念入りにお手入れをしています。

今回は誰が使った後なのか、汚しっぱなしの犯人探しはしませんでしたが、おかげでタオル地とマイクロファイバーの違いに気が付くことができました。とり急ぎで拭いたのは普通の雑巾、タオル地のダスターだったのです。

いつものサッとひと拭きには、レンジ用と決めたマイクロファイバーのクロスをダスターとして使っているので、油汚れが取れやすいことや、水分や繊維などの拭き跡が残らないことなどが当たり前になっていたのですね。

慣れすぎて忘れていたマイクロファイバーのちから

マイクロファイバーと言えば、水の拭き取りや拭き掃除のクロスやダスター。繊維がとても細いので汚れやホコリ、小さなチリまでしっかりキャッチしてくれますし、水分を素早くたっぷり吸収してくれます。

絞りやすく水切れも良く、絞った後は通気性が良いのですぐ乾き、乾くととても軽い。そんな優れた素材ですので、とくに衛生面が気になる水回りやキッチン周りでは積極的に使っています。

慣れすぎて忘れていましたが、改めて思いを寄せてみると、マイクロファイバーって本当に便利な掃除アイテムですね。

レンジのガンコな汚れがやっと落ちました

その後、オーブンレンジに付いた油汚れや焦げつきのガンコな汚れも落ちるという、重曹水、レモン水、歯磨き粉などを使った方法をいろいろと試してみましたが、レンジ内の天井部分がなかなか落ちず。

最終的には、ビストロレンジの庫内掃除用スチーム機能で再度汚れを柔らかく浮かしてから、レンジ換気扇など油汚れ用の洗剤を吹き付け、メラミンスポンジでこする、この方法が一番よく汚れが取れました。

そして、毎回の小さなお手入れのおかげもあってでしょうか、マイクロファイバークロスで何度か拭き取った後、無事にわが家のビストロレンジ600は輝きを取り戻したのでした。

ふぅ。。

 

P.S. ビストロレンジは603までバージョンが出てるのですね。601、602もお手頃価格になっていました。

パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ   26L ホワイト NE-BS603-W

パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 26L ホワイト NE-BS603-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • 発売日: 2016/09/01