美味しいおうちごはんと気ままなブログ

あとはダイエットしか無いですね - in Firtree

粒つぶオレンジのヨーグルトタルト(by さっぱり蜜柑タルト☆)

混ぜて冷やすだけの簡単タルトです。ぽってり豊満なボディをしていますがタルトなのです。さくさくタルトに弾けるつぶつぶオレンジとまろやかなヨーグルトが絶妙だった、美味しいタルトなのです。

f:id:alkanetwhite:20161206164854j:plain

レシピ - つぶつぶオレンジのヨーグルトタルト

今回は、美味しいレシピ以外にもクスっと笑えるシュールな漫画でも愉しませていただいている一人食堂 ( id:garigarigarikuson ) さんの『水切りヨーグルトで作る!さっぱり蜜柑タルト☆』を参考にさせていただきました。

つぶつぶみかんが散りばめられたヨーグルトムースがとっても美味しそうですよね。一目惚れです。缶詰ミカンのように蜜柑をツルツルにする方法も◎です。

蜜柑(みかん)のところを冷蔵庫にあったオレンジで、タルト台はビスケットで作るなんちゃってタルトで、簡単時短にアレンジさせていただき作ってみました。

材料

  • a) ヨーグルト(無糖)・・・300g
  • a) 塩・・・ひとつまみ
  • b) ビスケット・・・100g
  • b) 溶かしバター・・・50g
  • 生クリーム・・・200ml
  • 粉糖・・・25g
  • レモン汁・・・10ml (1/4〜1/2個分)
  • ほぐしたオレンジの粒・・・1個分
  • ゼラチン・・・8g

a) 水切りヨーグルトの作り方

まず先に水切りヨーグルトを作ります。ヨーグルト300gにひとつまみの塩を加え、電子レンジ600wで1分30秒加熱します。キッチンペーパーを敷いたザルに移し、100g (またはお好みの固さ)になるまで置いて水を切ります。

b) 簡単タルト台の作り方

次にタルト台を作ります。ビスケットをフードプロセッサーで細かく砕き、溶かしバターを加えよく混ぜます。ケーキ15型にラップを敷き、生地をしっかり押し付けたら冷蔵庫で冷やしておきます。

つぶつぶオレンジのヨーグルトタルトの作り方

  1. 生クリームをホイッパーなどで少し混ぜてから砂糖を加え7分ほどの固さまでさらに混ぜます。
  2. 水切りヨーグルト(a)とレモン汁を加えスパチュラでよく混ぜます。
  3. バラバラにほぐしたつぶつぶオレンジを加え混ぜます。
  4. お湯大さじ2杯で溶かしたゼラチンを加えたら手早く混ぜます。
  5. 冷やしておいたタルト台(b)に流し入れ冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がりです。

f:id:alkanetwhite:20161206144113j:plain

でーん。ボリューミィ。

f:id:alkanetwhite:20161206164847j:plain

作り方のポイントとコツのメモ

作る器の大きさですが、ケーキ15型のサイズでギリギリ生地が入りました。それより直径の広いタルト型などで作る時は、タルト生地を多めに作ると良いです。(ビスケットに対して半量の溶かしバターが目安)

ちなみに、缶詰ミカンのようにオレンジもツルツルになってくれるかなと思い、試してみたのですが、内皮が厚くて粒が固めのオレンジではそのまま水の中でそっとバラしていく方がほぐしやすかったです。

f:id:alkanetwhite:20161206164849j:plain

ぽってりフォルムですが美味しかった

タルト型21cmの分量を無理やりケーキ丸型15cmに押し込んだので、タルト台からなだれ落ちそうなフォルムに思わず笑ってしまいましたが、

ヨーグルト部分の爽やかでまろやかな甘みと、時おり弾けるつぶつぶオレンジの甘酸っぱさに、タルトのサクサク軽やかな歯ざわりが、絶妙のバランスでした。

とっても美味しかったです

ごちそうさま!

 

 

パティシエール SV タルト型 波底取 21cm PP-719

パティシエール SV タルト型 波底取 21cm PP-719

  • 出版社/メーカー: サンクラフト