美味しいおうちごはんと気ままなブログ

あとはダイエットしか無いですね - in Firtree

焼き立てのエッグタルトが食べたくなる季節(カスタードクリームパイ レシピ)

クリスマスが近づくと、なぜか食べたくなるエッグタルト。エッグノックの流れから連想するのかも。バター香るパイ生地に、卵とバニラのとろけるカスタード。ふかふかと優しい冬仕立てにしてみました。

f:id:alkanetwhite:20161213124026j:plain

レシピ - エッグタルト(カスタードクリームパイ)

マフィン型やセルクルが無くて大丈夫。冷凍パイシートで、思い立ったらすぐに作れる簡単手軽なしっとりタイプのエッグタルトです。冷やしても、大きいサイズにしても、美味しいです。

材料

  • 冷凍パイシート・・・1枚

(カスタードのフィリング)

  • a) コーンスターチ・・・30g
  • a) グラニュー糖・・・30g
  • a) おいしい牛乳・・・150ml
  • a) 生クリーム・・・100ml
  • 卵黄・・・2個分
  • バニラエッセンス・・・数滴
  • 練乳 or シロップ・・・小さじ2

作り方

  1. 半解凍したパイシートを6等分にカットし、二つ折りにしたラップに挟んでめん棒で伸ばします。
  2. 型に押しつけるように貼り付け、冷蔵庫に入れて休ませます。
  3. (オーブン250℃に予熱開始)
  4. 鍋に( a )の材料を入れよく混ぜ、スパチュラで混ぜながら中火で加熱、とろみが付いたら火を止めます。
  5. 残りの材料を加え (ツヤ出し用に卵黄を少しよけておく) 滑らかになじむまで混ぜます。フィリングの出来上がりです。
  6. パイ生地にフィリングを中央がやや山盛りになるように入れます。
  7. オーブン250℃で20分、卵黄を塗って10分、焼き目がついたら出来上がりです。

f:id:alkanetwhite:20161213124057j:plain

アルミカップの作り方

マフィン型やカップケーキ型などの焼き型が無い場合は、アルミホイルで簡単に作ることができます。

二重にしたアルミホイルを器の中に敷き入れ、指やめん棒で押し付けながら形を整えます。φ6cmの器で6個作ってみました。

パイ生地を押し付ける時は、器にアルミカップを戻しパイ生地を成形し取り出す、を繰り返します。

作り方のポイントとコツのメモ

カスタードフィリングにダマが混ざってしまったら、パイ生地に入れる前に、ふるいなどで濾すと滑らかになります。

今回のレシピは、サクサクとろ〜りとしたエッグタルトではなく、しっとりタイプの食べごたえあるエッグタルトですので

  • パイ生地をサクサクにしたい場合は、先にパイ生地だけを空焼きします。
  • カスタードクリームをとろ〜りさせたい場合は、コンスターチの分量を減らします。

噛みごこちはベイクドチーズケーキのしっとりさを少しふわんと軽くさせたような感じです。パイ生地は薄めにした方がフィリングとのバランスが良かったです。

f:id:alkanetwhite:20161213124032j:plain

パクパクが止まらない・・

熱々の焼き立てをはふはふしながら食べたかったはずなのに、写真を撮っているうちにタイミングを逃してしまいました。

すっかりパクパクと食べやすい温かさになっていて、しかも素朴な甘みのカスタードも好みすぎて、本当にパクパクが止まらなく、一度にひとりで4つも食べてしまいました・・ 

f:id:alkanetwhite:20161213124039j:plain

また、少しだけ余っていたカスタードフィリングを冷蔵庫で冷やしてから食べてみると、くどくない程よい甘さのカスタードプリンのようでした。

手作りスイーツって甘さを自分好みに調整できるのが良いですね。美味しかったです、ごちそうさま。

 

 

 

WILTON ミニマフィンパン 2105-952

WILTON ミニマフィンパン 2105-952

  • 出版社/メーカー: WILTON(ウィルトン)
  • メディア: ホーム&キッチン