美味しいおうちごはんと気ままなブログ

あとはダイエットしか無いですね - in Firtree

新リッツとヤマザキナビスコのリッツ(RITZ)を食べてみました

たくさん並んでいたので、思わず買ってきた新リッツ。買い置きしてあるヤマザキナビスコ版リッツと一緒に食べてみました。

f:id:alkanetwhite:20161003183154j:image

新しくなったリッツクラッカー

感想から先に言ってしまいます。好きでした 新リッツ。食べ比べてみてから思ったのですが、パッケージから抱いたイメージそのままでした。

f:id:alkanetwhite:20161006001237j:image

左が新リッツで右が親しみある前リッツです。新リッツのパッケージから抱いたイメージは、全体的にライト。

軽やかです

パッケージから受ける感じは、焼き色が淡くなって、どことなくふっくら感がある。サクサク軽やかな歯ざわりになって、塩分も軽やかな感じになったのかな。

食べてみると受けたイメージのまま軽やかでサクサクでした。

前リッツのパッケージからも前リッツのあの「らしさ」を感じさせますし、パッケージというものに改めて感心させられますね。

リッツの「らしさ」

前リッツの「リッツ」らしさ。素朴ながらもしっかりと「リッツ」してる、あのサクッとした硬派な食感や独特のコク。塩加減に焼きの香ばしさ。

新リッツの軽やかさに少し物足りない思いになっている、そんなリッツファンの間では、ヤマザキビスケット(前ヤマザキナビスコ)から新たに発売された、前リッツにこよなく近い味だというルヴァンSが注目されているようですね。近いうちに食べてみます。

素朴なクラッカー

前リッツと新リッツ。食べ比べてみたので違いがわかりやすかったのですが、何も知らずに出された新リッツだけを食べたとしたら「なんとなく軽い感じ」がよぎっても気がつかないかもしれない。

まだ食べ慣れていないチビッコ達や今まで食べたことがなかったオトナの人達からすると、食べるとちゃんと「美味しいクラッカー」だと思います。

いい意味でクセが弱い?ライトな新リッツを活かして、数多くあるリッツアレンジレシピにもますます幅が広がるかも。今後が楽しみですね。

リッツ、美味しいですよね。

どちらも好きです。

f:id:alkanetwhite:20161003183203j:image

昨日作った焼きりんごをトッピング。

モンデリーズ・ジャパン リッツクラッカーL 247g×5個

モンデリーズ・ジャパン リッツクラッカーL 247g×5個

  • 出版社/メーカー: モンデリーズ・ジャパン
 

 

ナビスコ リッツS 39枚×10個

ナビスコ リッツS 39枚×10個

  • 出版社/メーカー: ヤマザキナビスコ
 

 

ヤマザキビスケット  ルヴァンS  39枚×10箱

ヤマザキビスケット ルヴァンS 39枚×10箱

  • 出版社/メーカー: ヤマザキビスケット