美味しいおうちごはんと気ままなブログ

あとはダイエットしか無いですね - in Firtree

撮影した後の動画を明るくする。暗くする。露出補正する(iPhone版 動画編集アプリ)

iPhoneカメラで撮影したビデオ動画を、動画編集アプリ(動画エディター)などでエフェクトやフィルターをかけて加工する時に、元の動画が明るすぎたり暗すぎたりして、その効果が思うような仕上がりにならない時ってありますよね。トーンを変えずに明るさだけを調整したい、そんな時もあります。

f:id:alkanetwhite:20161127060416j:plain

動画の露出補正はできない?

写真などの静止画像ならば iPhone「写真」アプリの編集機能がありますし、写真加工アプリでも露出補正(明るさの調整)できるものがたくさんありますが、動画となると、見かけたことがありませんでした。

ですので、動画では、撮影する時のAE/AFロックで露出補正するしか方法が無いのかなと思い込んでいたので、まともに探してみたことがなかったんですね。

必要に駆られアプリ探し

しかし先日、カメラロールに保存してあったお気に入りの動画で知人にムービーを作ってプレゼントしようとした時に、元の動画が暗くて困りました。困らないと動かないものですね、人間(わたし)て。必要に駆られ本腰を入れて探してみました。

ありました、露出補正はできました

「露出だけをちょっとだけ補正したいんだけどな」そんな時にサッと明るさを調整できる機能を併せ持つ、簡単シンプルなアプリをようやく見つけることができました。動画の作成、編集、共有もできる、動画編集アプリ「Adobe Premiere Clip」です。

f:id:alkanetwhite:20161125165708j:plain

 *こちらはスクリーンショット画像ですので動きません

撮影した後の動画を露出補正する

Adobe Premiere Clip(アドビ プレミア クリップ)パソコンでの動画の編集で、映像編集ソフト Adobe premiere Pro を使われている方もいらっしゃるのではないかと思います。そちらのスマートフォン用 IOS向けに提供されている動画編集アプリとなります。

Adobe Premiere Clip で動画を明るくしたり暗くする方法(使い方)

アプリをインストールし、Adobe ID でログインする、または新規でIDを取得します。登録はシンプルで簡単、無料です。

  1. アプリを開くとマイプロジェクト画面になりますので、右上の「+」をタップし、編集したい動画のあるファイルをタップ、動画を選択します。
  2. 編集方法でカスタム編集を選択タップします。
  3. 左下にある絞りマークのようなアイコンをタップすると露出補正ができる画面になります。 タイムラインバーでトリミング(切り取り切り抜き)時間調整もできます。

f:id:alkanetwhite:20161126212220j:plain

露光量、ハイライト、シャドウそれぞれのスライドバーで動画の露出を調整します。ボタンを右側に移動させるとオーバー(明) に、左側へはアンダー(暗)に。とてもシンプルで簡単ですよね。

f:id:alkanetwhite:20161126192336j:plain

「そうそう、こんな機能が欲しかった」 です。ちょっとしたことなのですが、あるととても便利な機能だと思います。見つけることができて良かった。なにかと活躍しそうです。

BGMなど、ほかの機能では

右上の設定アイコンをタップするとプロジェクト設定画面になり、視覚効果を演出できます。「Look」をタップすると30種あるイメージフィルタをかけることもできます。

f:id:alkanetwhite:20161127015510j:plain

また、動画の再生スピードを変更したり、音楽の挿入、BGMも細かく設定することができます。

f:id:alkanetwhite:20161127015506j:plain

ムービーが完成したらSNSへの共有や保存をします。

画像が小さいのですが、比較用にオリジナルと露出補正後をひとつにまとめてGIFアニメにしてみました。あんなに簡単な操作でこんなにも明るい動画になりました。

f:id:alkanetwhite:20161127023509g:plain

スマホで素早く手軽に編集してからパソコンでゆっくり編集

外出先の空き時間にスマホでサクサクと作成を進めたムービーを、ゆっくりじっくりより素敵に仕上げる。Adobe premiere Pro CC を持っている方なら連携送信して、パソコンでより高度な編集を行うこともできます。

また、プロフェッショナルな動画編集ソフトがなくても、あの YouTube にも動画加工ツールがあります。明るさ調整・コントラスト・彩度・色温度などといった、露出補正や色調補正のほか、フィルタやぼかし効果などもありますよね。スローモーションにしたりタイムラプスにしたりとこちらも操作がしやすく便利ですよね。

ついでに保存してある他の動画も明るくしました

こんなに簡単でいいの?と思うほど、探し出す労力とは裏腹にあっけなく露出補正ができてしまいました。暗すぎてずっとカメラロールに置きっぱなしだった動画もサクサクと明るくしておきました。これでいつでもオリジナルムービーの作成に使えます。

クリスマスやバースデーの他に、年始のご挨拶、年賀状代わりにメールで年賀ムービーを送らせてもらうこともあるので、かなり助かること間違いなしです。

いいアプリ見つけた!